多少の地域的差異や建築年代による差異

EC026_L

しかし,公営住宅や公団住宅においては,若年の単身者は少ない
ため,高齢化の著しい住宅では1人世帯率の増加も著しい。このことから,公
営住宅における高齢化の状況が長期居住による加齢と世帯人員の減少によって
引き起こされていることが推測される。

すべき手続きはしっかり行いましょう。家 高く売る ←ここのサイトから不動産のリフォームなどに関する知識を得ましょう。

5.住宅の種類と階級分化
大都市内部の事例として東京都区部を対象として,中高層集合住宅居住者の
特性を明らかにした結果,東京都区部において主流を占める中高層集合住宅居
住者の年齢別人口構成は,多少の地域的差異や建築年代による差異がみられる
ものの,都営住宅や公団住宅などの公的借家の住宅グループ,民間の賃貸集合
住宅からなる住宅グループおよび民間の分譲集合住宅や公的分譲民間集合住宅
などの住宅グループでそれぞれ特徴がみられ,ハウジングクラス(住宅階級)
の概念でいわれるような住宅の種類による階級分化が指摘できる。とくに都営
住宅における著しく高い老年人口率は,公団・公社住宅などにもかなりみられ
るものではあるが,民間集合住宅の居住者と比較すると両者の年齢構成には明
瞭な差異が確認できた。また,1990年において老年人口率がそれほど高くな
い都営住宅であっても50~59歳人口率や最多年齢階級の分析結果から明らか
なように,高齢化の前段階,つまり高齢者予備群的な年齢階級の集積がみられ,
近い将来における深刻な高齢化が予測される。これらの集合住宅では,世帯人
員の変化をみると,子どもの独立によって親が残留したことによる少人数世帯
が多いことが明らかとなった。

Comments are closed.